子供がいる場合|離婚の相談は専門弁護士で快適解決!〜円満な別れへ〜

離婚の相談は専門弁護士で快適解決!〜円満な別れへ〜

裁判

子供がいる場合

夫婦

子供がいない場合は金銭面の話し合いが解決すれば円満に離婚することができますが、子供がいる場合はそうはいきません。子供が幼ければ幼いほど、子供の成長過程に影響が出るからです。そのため子供がいる夫婦は離婚を思いとどまることも多く、子供の未来を考えてもその方が良い場合も多いです。

親権という言葉をよく耳にしますが、これは夫婦のどちらが子供を育てるかという権利を得るかというものです。親権者になれば子供の教育・子育て・財産などすべてを管理しなくてはなりません。そして子供がいる場合はこの親権者を決めない限り、離婚を認められません。離婚届に親権者を書かなくてはいけない欄があるからです。もしも片親が暴力など多大な問題を起こしている場合は、無条件で片親の方へ親権が渡りやすくなります。子供は何よりも安心して暮らせるかどうかがとても重要なのです。子供を、安全な環境元で育てられると認められた片親に親権が認められやすくなるでしょう。

離婚によって決められた親権者ですが、子供が幼く判断能力がない場合は親が勝手に決める場合が多いです。しかしある程度物事が理解できる年齢になってくると「どちらについていくか」という事を子供本人に聞く場合も多いです。親的には気をきかしているつもりなのでしょうが、子供にとってはとても酷なことであると言えます。そのため子供がいる夫婦は今一度別れるのを考えなおすよう言われることが多いようです。